KONICA MINOLTA

Kunkun body(クンクン ボディ)

くちのニオイを見える化する歯科医院専門製品「Kunkun dental」を発売開始しました。

2020年6月22日、コニカミノルタはくちのニオイに含まれるVSC臭*1 の測定を、AI×センサーの仕組みで実現した「Kunkun dental」を発売しました。

 

日常的に感じている自分のくちのニオイは、嗅ぎなれているニオイとして慣れてしまうので、気づきにくい傾向があります。

 

そこで、コニカミノルタは「Kunkun body」のために独自に開発した世界初*2のテクノロジー“ニオイ嗅ぎ分け技術”を応用し、
複数のセンサーによる測定とニューラルネットワークによる機械学習の仕組みを進化させることでVSC臭の正確な測定を可能にした、「Kunkun dental」を開発しました。

 

手のひらサイズでコンパクトな測定機器はそのままに、歯科医院における使いやすさを追求したアプリケーションを新たに開発。
測定の手軽さ、正確さに加えて、歯科医師と患者とのコミュニケーションをサポートする機能を加えることで、歯科診療、特に予防歯科分野の発展に貢献できる製品となりました。

 

自分では気づきにくいくちのニオイも、これからは歯科医院で正確に、簡単に調べることができるようになります。

 

ご興味をお持ち頂いた方は、ぜひ下のリンクから製品ページをご覧ください。

   

*1 揮発性硫黄化合物(VSC:Volatile Sulfur Compounds)のことで、硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド((CH3)2S)などから成ります。

 

*2 出典:「Kunkun body」が「世界初」であることの証明・検証調査(2018年1月12日現在)
<ESP総研 調べ>(2017年12月~2018年1月 調査)

https://www.konicaminolta.jp/kunkundental/index.html

PAGE TOP

BIC

コニカミノルタは、イノベーションを起こし新しい価値をお客様に提供する組織「Business Innovation Center(BIC)」を世界5拠点に設立しました。
BICは、今まで誰もが実現し得なかった空想的なアイディアをサービスへと進化させ、人々の生活やビジネスに役立つ新しい事業を創造し続ける専門チームです。世界5拠点のうち、 BIC Japanは日本を活動拠点としています。
“Giving Shape to Ideas”というスローガンのもと、我々はよりよい社会作りに貢献します。