KONICA MINOLTA

Kunkun body(クンクン ボディ)

Column 16

カラダのニオイ

DATE : 2017.12.27

あたまのニオイはフケのせい!?
フケを防ぐための対策法。

フケの原因をさぐろう

フケは細菌にとって、栄養満点の「お菓子の家」です。細菌が増えるとニオイも強くなります。いわゆる「フケ症」は、ストレスや睡眠不足、刺激の強いものや甘いものの食べすぎが原因です。いつもよりお年寄りのフケが多くなったら寝付きや食生活が悪くなったのかもしれません。パーキンソン病に伴う脂漏性しろうせい皮膚炎などのことも多いので注意してください。

フケを防ぐシャンプー・椿油

フケの予防は、第一に、ストレスを減らして皮脂の分泌を整えることです。十分な睡眠も大切です。食生活では、ビタミンB6を中心としたビタミンB群を多く摂るようにします。フケの原因になる菌を抑える成分(ミコナゾールナイトレート)を含むシャンプーを使うと効果的です。他にも、ヒノキチオール、サリチル酸、ジンクピリチオン入りのフケ予防シャンプーも販売されています。

椿油は、紫外線をカットし、抜け毛・白髪・フケ・かゆみを防ぎます。成分のオレイン酸は、皮脂に似た成分なので、汚れを落としつつ脂肪酸を補います。シャンプーの後、手に数滴とって髪と地肌をマッサージし、お湯で洗い流すと髪がしっとりします。ぜひ一度、試してみてください。

【ビタミンB群を含む食材】
●ビタミンB6
マグロ、レバー、玄米、小麦胚芽など
●ビタミンB1
キャベツ、大豆、ピーナッツ、卵、豚肉など
●ビタミンB2
わかめ、のり、卵、チーズ、ヨーグルトなど
●ビタミン12
しじみ、あさり、はまぐり、レバー、ニシン、ホッケ、サンマなど

RECOMMEND 関連記事

DATE : 2018.8.20

脚の付け根をたたいて、リンパの流れをスムーズに 疲れがたまることで発生する「疲労臭」。その疲労臭の原因であるアンモニアなど、体内の老廃物を減らすことで、ニオイを軽減させることができ…

READ MORE

DATE : 2018.7.27

リンゴの繊維質がワキガに効く ワキガのニオイ発生のメカニズムは、さまざまな研究を通して次第に解明されてきました。なかでも、体内の脂質の代謝に関係するタンパク質の一種である、アポタン…

READ MORE

DATE : 2018.4.10

日本人には、香水のニオイは強すぎる 日本人はもともと体臭が少ない民族です。しかし、欧米への憧れからでしょうか。欧米人は、香水をやたら体にまとわりつかせているため、日本人でもマネをし…

READ MORE

DATE : 2018.2.27

銅の力が、ニオイ対策に効く ふとした時に自分の靴のニオイに気が付き、あわてて消臭スプレーを買ったなんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、消臭スプレーを使わず、もっ…

READ MORE

DATE : 2018.1.30

全身から小粒の汗を出すエクリン腺 汗を分泌する腺=汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。 普通私たちが「汗をかく」というときの汗は、エクリン腺からの汗のことです。エ…

READ MORE

DATE : 2017.12.27

髪の毛はしっかり乾かそう 朝、出かける前にシャンプーをして、とりあえず寝癖と頭皮の汚れを落とし、スッキリした状態で出社する。あなたは、そんな朝の準備をしていないでしょうか? しかし…

READ MORE

DATE : 2017.12.27

ワキガは、人間の数あるニオイのひとつでしかない 人間の体は、頭のてっぺんからつま先まで、ありとあらゆる場所からニオイを発しています。それは、生理的なニオイから病的なニオイまで、体の…

READ MORE

VIEW MORE

FEATURES その他のコンテンツ

Kunkun body LIFE TOPへ戻る

PAGE TOP

BIC

コニカミノルタは、イノベーションを起こし新しい価値をお客様に提供する組織「Business Innovation Center(BIC)」を世界5拠点に設立しました。
BICは、今まで誰もが実現し得なかった空想的なアイディアをサービスへと進化させ、人々の生活やビジネスに役立つ新しい事業を創造し続ける専門チームです。世界5拠点のうち、 BIC Japanは日本を活動拠点としています。
“Giving Shape to Ideas”というスローガンのもと、我々はよりよい社会作りに貢献します。