KONICA MINOLTA

Kunkun body(クンクン ボディ)

Column 117

カラダのニオイ

DATE : 2019.3.20

対策が裏目に出るかも!?
ニオイ対策品の正しい使い方。

香水の使用は3つのことに気を付けよう

香水などで香りを出したい場合には、次の3点に注意しましょう。①整髪料等の他の芳香剤を含むものと一緒に使用すると、香りが混ざり合い不快なニオイになってしまうことがあるため、なるべく併用はしないこと。②揮発性の香水は、使用後約1~2時間後にアルコールが抜けて香りが落ち着くため、使用直後の香りではなく30分以上たった時点を基準にして、つけすぎないようにすること。③香水は揮発性であり、のどや襟まわりにつけると鼻に香りがまとわりつくため、胸元や腋の下の部分に使用すること。

汗臭対策には、抗菌殺菌作用の強いものは避けよう

汗のニオイ対策ならば、塩化アルミニウムなどのできるだけ制汗効果の高いものを選び、抗菌殺菌作用の強いものは避けた方がよいでしょう。抗菌殺菌作用の強い薬剤は、長期に使用すると、皮膚のかぶれや湿疹・皮膚の肥厚・色素沈着などの原因にもなります。また抗生物質配合の軟膏を長く使用していると、真菌などのカビが増殖する可能性もあります。長年デオドラント剤を使用していると、皮膚に慢性の湿疹やかぶれ、皮膚沈着が生じやすい人もいます。その場合、腋の下の汗やニオイが気になる方は、手術療法を考慮したほうがよいでしょう。

客観的なニオイチェックを

香水やデオドラント剤でニオイ対策をすることは大切ですが、それで慢心してはいけません。なぜなら、自分のニオイは、自分ではわからないからです。対策できているつもりでも、実は周囲にはニオっていたということも、めずらしいことではありません。そうならないために、客観的なニオイチェックを行うことが大切です。自分のニオイを把握することが、効果的なニオイ対策につながります。

 

(監修:医学博士/体臭・多汗研究所所長 五味常明)

 

RECOMMEND 関連記事

DATE : 2019.3.20

ニオイの強さで使用すべき製剤は変わる ワキガ対策のためのデオドラント剤を選ぶうえで、まず大切なことは、自分のニオイの強さに合った製品を選ぶということです。使用の目的が、強いワキガ臭…

READ MORE

DATE : 2019.2.21

おすすめ足のニオイケア 足の裏は、季節を問わず1日コップ1杯程度の汗をかきます。 なぜそんなにもたくさんの汗を、足の裏にかくのでしょうか。それは、手のひらと足の裏に汗腺が集中してい…

READ MORE

DATE : 2019.2.14

足のニオイの原因 お座敷に上がるとき、自分の足のニオイが気になって、靴を脱ぐのをためらってしまう。そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。 そもそも足は、どうして強いニオイを…

READ MORE

DATE : 2019.2.14

治しにくい、頭のニオイ 頭臭は治しにくいニオイの筆頭です。様々な原因が「複合したニオイ」なので、単一の方法では消臭が困難なのです。 頭臭は、「頭髪臭」と「頭皮臭」の2つが混合された…

READ MORE

DATE : 2019.1.25

リンゴとレモンの消臭効果 リンゴの繊維質にはワキガの原因であるアポタンパクを減らす作用があります。また、レモンの果汁には皮膚の雑菌を抑えるはたらき、ミョウバンには制汗剤としての効果…

READ MORE

DATE : 2018.10.15

フケが頭のニオイの原因に 今回は、頭のニオイの原因と対策について紹介したいと思います。 頭のニオイは、大きくわけて2種類あります。ひとつ目は、髪の毛に周囲のニオイが付着して生まれる…

READ MORE

DATE : 2018.8.20

脚の付け根をたたいて、リンパの流れをスムーズに 疲れがたまることで発生する「疲労臭」。その疲労臭の原因であるアンモニアなど、体内の老廃物を減らすことで、ニオイを軽減させることができ…

READ MORE

DATE : 2018.7.27

リンゴの繊維質がワキガに効く ワキガのニオイ発生のメカニズムは、さまざまな研究を通して次第に解明されてきました。なかでも、体内の脂質の代謝に関係するタンパク質の一種である、アポタン…

READ MORE

DATE : 2018.4.10

日本人には、香水のニオイは強すぎる 日本人はもともと体臭が少ない民族です。しかし、欧米への憧れからでしょうか。欧米人は、香水をやたら体にまとわりつかせているため、日本人でもマネをし…

READ MORE

DATE : 2018.2.27

銅の力が、ニオイ対策に効く ふとした時に自分の靴のニオイに気が付き、あわてて消臭スプレーを買ったなんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、消臭スプレーを使わず、もっ…

READ MORE

DATE : 2018.1.30

全身から小粒の汗を出すエクリン腺 汗を分泌する腺=汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。 普通私たちが「汗をかく」というときの汗は、エクリン腺からの汗のことです。エ…

READ MORE

DATE : 2017.12.27

髪の毛はしっかり乾かそう 朝、出かける前にシャンプーをして、とりあえず寝癖と頭皮の汚れを落とし、スッキリした状態で出社する。あなたは、そんな朝の準備をしていないでしょうか? しかし…

READ MORE

DATE : 2017.12.27

フケの原因をさぐろう フケは細菌にとって、栄養満点の「お菓子の家」です。細菌が増えるとニオイも強くなります。いわゆる「フケ症」は、ストレスや睡眠不足、刺激の強いものや甘いものの食べ…

READ MORE

DATE : 2017.12.27

ワキガは、人間の数あるニオイのひとつでしかない 人間の体は、頭のてっぺんからつま先まで、ありとあらゆる場所からニオイを発しています。それは、生理的なニオイから病的なニオイまで、体の…

READ MORE

VIEW MORE

FEATURES その他のコンテンツ

Kunkun body LIFE TOPへ戻る

公式アカウントを
フォローしよう!

  • Twitter
  • Facebook

PAGE TOP

BIC

コニカミノルタは、イノベーションを起こし新しい価値をお客様に提供する組織「Business Innovation Center(BIC)」を世界5拠点に設立しました。
BICは、今まで誰もが実現し得なかった空想的なアイディアをサービスへと進化させ、人々の生活やビジネスに役立つ新しい事業を創造し続ける専門チームです。世界5拠点のうち、 BIC Japanは日本を活動拠点としています。
“Giving Shape to Ideas”というスローガンのもと、我々はよりよい社会作りに貢献します。