KONICA MINOLTA

Kunkun body(クンクン ボディ)

ニオイ ACADEMY

ニオイ対策FAQ

Kunkun bodyで測定することができる
3大体臭と呼ばれる、
「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」。
それぞれのニオイの特徴と対策法を、
Q&A形式でご説明します。

Q1

汗臭とは?

A1

汗臭は酸っぱいニオイが特徴で、新陳代謝が活発な20 代のころにピークを迎えるニオイです。
皮膚表面上に付着しているアカや皮脂(アブラ)・ホコリ・フケ・表皮の脱落した角質などが、エクリン汗と混じり合うと、皮膚上の細菌が増殖します。その細菌によって分解・酸化が行われることで汗臭は発生します。さらに、汗そのものの中にアンモニアが含まれているものもあります。

Q2

汗臭を防ぐための対策法は?

A2

①汗が出たら、制汗シートやぬれタオルですぐにふき取りましょう。
ニオイの原因は、皮膚に残った雑菌です。デオドラントやぬれタオルなら、乾いたタオルでは取り除くことができない雑菌や皮脂汚れなども取り除くことができるため、ニオイが抑えられます。

②汗の発散を邪魔しないものを着ましょう。
汗の量が多いときは、薄手のものを身に着けて、衣類の中の湿度を高めないようにすることが大切です。とくに下着は、吸水性や速乾性に優れた素材のものを選ぶといいでしょう。

Q3

汗をかきすぎないようにするためには?

A3

呼吸によって間接的に発汗をコントロールしましょう。
発汗は、交感神経の刺激によってコントロールされています。
ゆっくりと呼吸すれば、心臓の鼓動は遅くなります。さらに血圧も下がって、筋肉もゆるみ、交感神経の緊張も解けていきます。しだいにエクリン腺の活動も静まり、発汗がおさまっていきます。

Q4

ミドル脂臭とは?

A4

ミドル脂臭は、使い古した油のようなニオイで、女性が嗅ぐと胸がムカムカするほどの不快感を覚えるという特徴があり、30 ~ 40 代の比較的若い世代に発生しやすいニオイです。
エクリン汗に含まれる乳酸が、皮膚上の菌によって分解されることでジアセチルが生じます。そのジアセチルに、皮脂腺から出る中鎖脂肪酸のニオイが合わさることでミドル脂臭は発生します。

Q5

ミドル脂臭の対策法は?

A5

後頭部から首筋の後ろ側を丁寧に洗いましょう。
まず髪を濡らす前に、ブラシや手ぐしで髪をとかし、汚れを浮き上がらせましょう。次に、お湯で頭や髪をよく洗い、汚れを落としやすくします。それからシャンプーをつけ、指の腹で頭皮をマッサージするように丁寧に洗うようにしましょう。
また、生乾きの髪の毛はニオイを吸着しやすいため、洗髪後は髪をしっかりと乾かしましょう。

Q6

加齢臭とは?

A6

40 代の中年期から目立ち始める中高年特有のニオイです。体には、皮膚のうるおいを保つための皮脂を分泌する皮脂腺があります。年齢を重ねると、皮脂腺の中にある脂肪酸(パルミトオレイン酸)と過酸化脂質が増えます。この過酸化脂質と皮脂が結合することによって、脂肪酸が分解・酸化され、加齢臭の原因成分であるノネナールが発生します。

Q7

加齢臭の対策法は?

A7

①抗酸化作用のある食事をとりましょう。
加齢臭の原因成分であるノネナールを作るもとは、脂肪酸と過酸化脂質です。このうち、過酸化脂質は活性酸素が増えると増加します。この活性酸素の活動を抑制する抗酸化作用のある食事をとることが、加齢臭を抑えるのに効果的です。抗酸化作用のある食べ物としてまず挙げられるのが、ビタミンCやEを豊富に含む野菜や果物です。また、赤ワインのポリフェノールや、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、ゴマのセサミノールにも抗酸化物質は含まれています。加齢臭が気になるという方は、野菜や果物、あるいは上に挙げた食材を積極的に摂るようにしましょう。

②ストレスを発散しましょう。
上述したとおり、ノネナールを作りだす過酸化脂質は、活性酸素の増加によって増えます。その活性酸素を発生させるいちばんの要因がストレスなのです。スポーツや趣味など、自分の好きなことに打ち込むなどして、上手にストレスを発散し、加齢臭を抑えましょう。

FEATURES その他のコンテンツ

Kunkun body LIFE TOPへ戻る

PAGE TOP

BIC

コニカミノルタは、イノベーションを起こし新しい価値をお客様に提供する組織「Business Innovation Center(BIC)」を世界5拠点に設立しました。
BICは、今まで誰もが実現し得なかった空想的なアイディアをサービスへと進化させ、人々の生活やビジネスに役立つ新しい事業を創造し続ける専門チームです。世界5拠点のうち、 BIC Japanは日本を活動拠点としています。
“Giving Shape to Ideas”というスローガンのもと、我々はよりよい社会作りに貢献します。